キャッシュフロー経営の秘訣は手形割引

会社経営で現在、非常に大切なポイントはキャッシュフローを常に保つということです。
支払より早く、代金回収を繰り返すことで、会社内部にお金が貯まります。
早く代金を回収する一番単純な方法は、施主や顧客に頼んで早く代金を支払ってもらうことです。
でも、施主も顧客も同じくキャッシュフローを意識していますので、支払を早めるころはしたくはないはずです。
そういう時には、手形でもらってみて下さい。
手形は3~4ヶ月後に支払いますと約束したもので、その手形を取引銀行に渡すと、その銀行が手形代金を回収(決済)してくれます。
でも、これではキャッシュは貯まりません。
そこで、さらにお勧めなのは、手形割引です。
手形を担保に金融機関からお金を借り入れる方法です。
借入なので、当然、利息がかかります。
割引料というものですが、持ち込まれた手形、持ち込んだ人の信用などを計りながら、割引料がかかります。
借入の返済は手形決済により完了するので、返済の必要はありません。
代金回収を早め、キャッシュフローを豊かにしたいなら、是非、手形割引を活かしてみて下さい。