行政書士は人気の国家資格

行政書士は官公庁に提出する書類の作成や許認可手続きを代行する仕事です。
主な業務内容として、自動車登録、会社設立、建設業の許可申請、相続の遺言や遺産分割協議書作成などです。
これらの業務は弁護士さんや司法書士さんよりも我々にとっては一般的なことを代行して行ってくれます。
最近では自分たちの生活に密接する法律を自分で学びたいといった風潮があり、受験者数はうなぎ上りです。
毎年6万人から7万人の人たちが受験していて、また司法書士や地方公務員や国家公務員と重なる部分が多いので、その受験対策として受験する方も多いそうです。
その試験範囲は憲法、民法、行政法、商法から主に出題され、その他一般常識からも出題されます。
受験資格に制限はなく、だれでも受験できることも魅力です。
試験は毎年年一回、11月に実施されます。
社会人にとても人気な資格で、働きながら独学で合格した方も多いのですが、大栄の講座を受講して、時間を有効に利用して受験したらより一層合格する確率は増えてきます。
広範囲の受験科目を、独自のノウハウでポイントを絞って勉強できます。
短期間で働きながら受験しようと思ったら、大栄の行政書士講座を利用して合格を勝ち取ってください。