余ってる土地をコインパーキングで有効活用

余っている土地をそのまんま放っておいても税金だけがかかってしまい、大変勿体ないです。
そこで、有効活用することができるのがコインパーキングです。
余っている土地をコインパーキングにするには、運営会社と話し合いをして方式を決定する必要があります。
例えば、自身で機械を設置する方式の場合、駐車場に止めた車の駐車料金の多くが自身の収入につながります。
しかし、多くの場合は、運営会社に土地を提供し、一括で借り上げてもらう方式が採用されています。
これにより、土地を所有している人は、一定の収入を得ることが可能です。
また、駐車実績が少ない場合でも、土地代として運営会社が一括で借り上げていますので、安定した収入が得られます。
機械を設置した後のメンテナンス・清掃やトラブル対応などもすべて運営会社が対応してくれる会社も多く、自身の負担になることは少ないです。
どんなに狭い土地でも、形が変な土地でも、運営会社の方がその土地に合った形のコインパーキングを提案してくれます。
土地を有効活用する方法としては、マンションやアパート経営という方法もありますが、リスクが大きいです。
その反面、駐車場として運営すればリスクも少なく、友好的に土地を活用することができます。