高い信頼を勝ち取るいずみホールディングスと泉卓真氏

株式会社いずみホールディングスは品質と価格に対して高い評価をもらうと言われている企業です。
生産者だけではなく出荷会社と強い信頼関係を構築することによってこのような評価を実現させています。
直接仕入れを行うことによって鮮度だけでなく価格や流通スピードを向上させているため、そのためのノウハウが蓄積しているのです。
これによりエンドユーザーからも満足度が高まり次からの仕事に結びつくという好循環が生まれていきます。

では、このような物流業務はどのようなシステムによって達成されているのでしょうか。
それを可能にしているのが物流事業です。
こちらは物流エリアや顧客数、物流数などによって管理された巨大なネットワークとなっており、株式会社いずみホールディングスの膨大なアイテム数を捌き切ることに成功しているのです。
このシステムによって物流コストを下げ、生産者の所得を上げ消費者の費用を下げているのです。

このような取り組みはいずみホールディングスの代表取締役社長である泉卓真氏からのメッセージでも掲げられている「食品流通のOSを創りあたしいインフラで世界中に豊かさを届ける」というものに直結しています。
現在、テクノロジーを使った技術革新は至る所で実現されています。
このような技術を食品流通に適応することによって世界中の人が幸せになると泉卓真氏は信じているのです。